子連れで行く”北竜町ひまわりの里”の紹介【2018年】


150万本のひまわりが咲き誇る北海道北竜町にあるひまわりの里は、ひまわりの鑑賞だけでなく、子連れで楽しめるスポットがたくさんあるのでご紹介します。


北竜町ひまわりの里について

24時間入場無料駐車料金無料ひまわりの里は広大なひまわり畑におよそ150万本のひまわりが咲き誇ります。

札幌から車で約1時間30分。

富良野から車で約1時間30分。

旭川から車で約1時間。

子連れでも行きやすい距離感です。

私のおすすめプランは、秩父別や深川にあるキャンプ場を予約してキャンプ場へ行く前に立ち寄るというプランがおすすめです☆深川や秩父別は車で30分圏内です。

住所:北海道雨竜群北竜町板谷143-2

TEL:0164-34-2082

北竜町のひまわりの見ごろはいつ?

例年7月最終週から8月お盆辺りまでは敷地内のどこかのエリアで満開に咲いています。

一番の見ごろは8月上旬。

8月上旬に行くと満開に咲き誇る素敵なひまわり畑が見れました。

展望台から眺めるひまわり

地上から見るひまわり畑も綺麗ですが、上から見下ろす一面真っ黄色の世界もとても綺麗です。

展望台からは地上からだと見えないとても広い範囲のひまわり畑が一望できます。

ひまわり畑の中をお散歩

子供を連れてひまわり畑の遊歩道に行くときは、どうぞ鐘を鳴らしてから行ってください。恋人の聖地によくあるような鐘があります。なぜか鳴らしたくなるこの鐘(子供は特にw)。

ひまわり畑は入場無料です。

遊歩道は数本の道に分かれています。

途中、顔はめ看板の撮影スポットがありました。子供って顔はめ好きですよね。そして乳幼児の親は子供の顔をはめたがりますよね?笑(ちがう?w)

看板がデカすぎてどうしたらひまわり畑と一緒に良い感じに撮影できるのかわかりませんでした・・・。

いい感じに撮影できた方、教えてください( ノД`)

 

ひまわりに囲まれた写真も撮れます(^^)/

 

ひまわり畑が広いし遊歩道もたくさんあるからなのか、見頃の時期でも自分たち以外の人が映らない写真を撮影できちゃいます。



遊覧車でのんびり鑑賞

「遊覧車ひまわり号」に乗れば座りながらひまわり畑をゆっくり鑑賞できます。

トラクターで引く遊覧車はひまわり畑の風景ともばっちりマッチ。

小さな子連れやおじいちゃんおばあちゃんでもひまわり畑を一周出来ちゃいます。

家族の思い出にもいいですね。

一周約13分です。

 

私たちは運よく一番前の席に座れた私たち。この席は前を向いてるだけですべての景色が一望できるので最高でした。もちろん後ろの席も綺麗にひまわり畑を見ることができますのでご心配なく!

 

トラクターとひまわりのコラボ写真もGood☆

 

料金は大人500円子供300円。乳幼児は無料でした。

 

世界のひまわりコーナー

ひまわりにもいろんな種類があるようで、オランダ、中国、アメリカ、インド、ロシアなどの21種の世界のひまわりを無料で鑑賞できます。

いろんなひまわりがあるということを子供に見せてあげるにはとても良いかもしれませんね。

それぞれ色や花びらの形などが違って珍しいひまわりが見れるので、2歳の娘がもう少し大きくなったらまた見せてあげたいです。

ひまわり自転車貸出し

ひまわりの里内をオレンジ色のひまわり自転車で回ることもできます。(ひまわり自転車といっていますが普通の自転車の事です。)

料金は1時間100円。大人用40台、子供用10台(補助輪無し)置いてあります。

お子さんが自転車に乗れるくらいの年なら自転車はアリですね。

ひまわり畑はかなり広いので徒歩だと一周するのに時間がかかります。そんな時は自転車を利用すれば楽チンです♪

大人も子供も楽しめるひまわり迷路

9時~17時までひまわり迷路がやっています。

子供だけでなく、大人も楽しめちゃいますね。

この迷路は順路を上から見ると文字になっています。文字は毎年変わるみたいです。

迷路の中クイズがあって、答えのヒントは迷路の中に隠されています。クイズの正解者から抽選で5名に豪華賞品をプレゼントという企画も行っているようです。

料金は1人300円です。

合鴨のエサやり

動物好きの子はここへ行ってみてはいかがでしょうか。

9時~17時まで、たくさんの合鴨ちゃんたちにエサやりが出来ます。

エサ代は100円

ひまわり鑑賞だけでなく、動物と触れ合って楽しめるのも子連れには嬉しいポイントですよね♪

子供が楽しめるイベント盛沢山

ひまわりの里のオープン中は日によって様々なイベントが開催されています。

縁日やじゃんけん大会、ヒーローフェスティバスル、北竜町盆踊り大会など、子供が楽しめるイベントがたくさん開催されています。

詳しくは北竜町ひまわりの里HPでご確認ください。

▼その他の子連れ情報

ベビーカーはいける?

ひまわりの里はすべてが補正道路ではありませんが、車いすやベビーカーも押して行けるようになっています。

ひまわり畑の間の遊歩道は砂利道にシートが張ってるだけなのでベビーカーで行くのは少し大変でしょう。

ひまわり畑の周りに幅が広めの補正された道路があるのでそちらを通ればベビーカーも大丈夫です。

一部、スロープ展望台もあります。

無料でベビーカーの貸出しが2台あります。

ご飯は食べれる?

8時~18時まで、ひまわり観光センター内では食事やデザート、お土産品が販売されています

フードコートの様になっていて、たくさんの人で賑わっていました。子供用の椅子はありませんでしたが、ベビーカーをテーブルに付けることは出来ます。

ひまわりソフトが人気のようです。


最後に

北竜町ひまわりの里はひまわり鑑賞だけでなく、子供が楽しめるスポットもあるので子供も飽きずに楽しむ子どが出来ます。

夏の旅行がてら家族で是非行ってみてはいかがでしょうか。

年によってイベントの内容やひまわりの開花時期は変わる場合があるので確認してくださいね☆

 


「子連れで行く”北竜町ひまわりの里”の紹介【2018年】」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です