子連れで行く支笏湖の楽しみ方






札幌の中心部付近から子連れで支笏湖に行ってきました!

支笏湖ってでんなとこ?

旦那様に誘われてとりあえず支笏湖に行ってみることになったんですが実は行くまで支笏湖がどんなところなんか全く知りませんでした。

琵琶湖や富士五湖には何度か行ったことがあったので、湖って周りをドライブして遠めに全体像を見るのがいいというイメージで、水はそんなにきれいなイメージはなかったんですが支笏湖に行ってみて湖のイメージが覆されましたね。

湖にあまり期待していなかった私は、iPhoneの電波が圏外になってしまうほどの山中にある道を車で抜けて支笏湖にたどり着いたときは水のきれいさに感動!

大人のプールよりも深そうなところでも湖の底が透き通って見えて驚きです。しかも(時期によるかもしれないけど)葉っぱなどの浮遊物がほぼ浮いていなくて青空が湖面に映ってめちゃくちゃきれい!

支笏湖について少し詳しく説明すると、大きさがディズニーリゾート(パークとホテル、その他ディズニーの施設を含む)の約38倍の77.3㎢あるカルデラ湖です。カルデラ湖とは火山活動によって山の上にできた大きな窪んでいる地(カルデラ)に水がたまってできた湖の事を言います。

途中で乗った遊覧船の方から聞いた説明によると、水面の標高がなんと248mで、一番深いところで水深360mになるそうです。

「あれ?今そんな標高高いところにいるんや!しかも水深が標高よりも深くなってるってどういうことなん!?」という心境になります。

湖の周囲は約40㎞あるそうです。

琵琶湖の約9分の1強くらいの大きさですね。

支笏湖までのアクセス

札幌の中心部から支笏湖までは車で下道を約1時間で着きます。私は5月下旬の良く晴れた土曜日で外のレジャーには最高な気候の日に行きましたが道は全然混んでいませんでした。山の中にあるクネクネした道が続くので娘が車酔いしないか不安でしたがなんとか寝てくれました(-。-)♪

公共交通機関を利用する場合は、千歳空港からバスが出ていて約1時間、代金は1000円程度で行くことができるのでかなり気軽に行ける最高の観光地です!

子連れで遊覧船に乗ってみた

支笏湖の東側にある支笏湖温泉周辺が主な観光地になっていてレジャーや食事を楽しむことができます。

本当はカヌーやダイビングをしてみたかったんですが、小さな子連れは我慢しなくてはいけないことがたくさんありますね。。

今回はまず、子連れでも大丈夫そうな遊覧船に乗ることにしました!

▲湖の畔からこんな景色を見ながら歩いていると

▲支笏湖観光船という文字のかいた建物が見えてきます。ここが遊覧船の乗り場です。

▲入口はこんな感じ。

遊覧船の料金は大人1620円、小学生810円です。少々高いな(*_*;

▲料金を支払って船着き場に行きます。

▲記念に写真を撮ってもらったけど、船全体が映るわけでもなく景色が映るわけでもなくなんだかうーん・・・な写真が撮れました。笑 ほんとは湖の風景と写真を撮ってもらいたかったけど船のおじさんが船と撮ると思ってカメラを構えたからなんか断れずそのまま船と撮ってもらったらまさかこんなことに。(笑)おじさん船の人やねんから船撮る腕前磨いて~!(笑)

遊覧船は8:40~17:10まで約30分ごとに船が出ています。1回で50名ほど乗れますが団体客と被ってしまうと乗れない場合もあるので着いたらまずチケットを買いに行くと良いかもしれませんね。私たちは運よく11:30頃に行ってすぐ乗ることが出来てラッキー。

では早速乗船です!

▲船のデッキ

▲まずはこの階段から下へ降ります。

▲降りると水中が見える窓があってベンチに座って見れます。水中を通して船の中に入ってきた光だけでこんな明るくなるなんですごい。見た感じ証明はついてなさそうだったのでどんだけ水がきれいか、これだけでもわかりますね~。この時は団体客やカップル、女子同士のお客さんが多めで子連れの家族はいませんでした。

▲船乗り場の下にはこんなに魚が集まっていて結構窓の近くまで寄ってくるので娘が大興奮。ただ船に乗るだけだと子供は飽きてしまうかもしれませんが、こんな風景を見ることができると子供も飽きないし自分たちもゆっくり楽しめるので子連れの親にはすごくありがたいポイントです。

▲支笏湖の底はこんな風に波うっているように見えるところがあります。火山活動の影響でこんな風になっているみたいです。

▲次のポイントまで上のデッキで支笏湖の風景を楽しめます。湖面の揺れがなめらかで水中に映った空と山がキャンバスに描いた絵のようでした。船の音もうるさくないしいい具合の風に吹かれて癒された。。

▲次のスポットへ到着すると水中の窓からこんな風景が見えました。これも火山活動でできた湖岸の海底の様子。切り立った断崖みたいで周りからおもわずわぁ~と小さな歓声があがっていました。

こんな感じで約30分間の船の観光は終わり。ちょうど良い長さで娘も飽きずに楽しんでくれていたんで乗ってよかったです。子連れの家族なら遊覧船はおすすめです。


外でのんびり支笏湖バーガー

遊覧船乗り場から2、3分歩いたところに飲食店が集まっている通りがあります。

ざっと見たところ、洋食や和食、トウモロコシや海鮮を屋台式で売っているお店やおおきなレストランなどがありました。広そうなお店もあったんで子連れでも行きやすいお店はいくつかあると思います。

そんな中、私たちは外でハンバーガーを食べました。

▲お店はこんな感じ。ハンバーガーの種類が8種類ありました。

▲私は「北海道牛100%バーガー」を注文(手前右側)。チーズが入っていて肉感はあるけどあっさりボリューミ―な女子受け間違いなしのハンバーガーでした。美味しかった(*^^*)

旦那様は「千歳バーガー」を注文(奥左側)。厚めのベーコンが入っていてジューシー感が一気に増してます!味もしっかりしていてとても美味しかったですよ。

娘にはバンズのマスタードが付いてない部分をちぎってあげたのと、セットでポテトを付けれたんでポテトラブな娘はひたすらポテトを食べていました。ポテトはジャガイモの形状が残っている版でした(この表現分かりますか?笑)。ほんの少しハーブ系の癖のあるお味。

▲こんな感じのテーブル席に座ってピクニック気分で食べれま~す。

赤い山線鉄橋を超えてお散歩

見渡すと赤い鉄橋があったので散歩してみることにしました。

▲この赤い橋は山線鉄橋というそうです。ここを超えると公園になっています。

▲支笏湖を眺めながら娘を歩かせてお散歩ができました。

橋を渡ってすぐに野鳥の森というのがあって、山の上にある展望台まで登っていける山道になっています。2歳前の娘を歩かせるのはちょっと大変そうだし抱っこしたままだとしんどいのでいくのは辞めておきましたが、鳥のさえずりを聞きながら山道を登っていくのはとても癒されそうですね。

支笏湖のレジャー

▲スワンボートに乗れます。真ん中あたりまで漕いで行ってるスワンボートもありました。また違った湖の風景を見られるのがいいですよね~。ただ2歳前の子連れには向かないかな?イヤイヤ期のモンスター娘はいつどこで暴れるかわからないので乗るのは断念して写真だけ。

あとはカヌーやカヤック、トレッキング、登山、サイクリング、釣りなどを楽しむことが出来ます。

聞いたところ、釣りはそこそこ釣れるそうです。(ほんまかなぁ?w)

うらやましいな~と思ったのは、カヌーで湖岸付近の湖底が透き通って見えるところをすいすい~と進んでいたところ。きれいな湖の水を間近で楽しめてうらやましいです。はたから写真を撮ってもらったら確実にインスタ映えします(笑)子連れではできないのでいつか旦那様と二人で支笏湖カヌーデートがしたい!

最後に

支笏湖は子連れでも十分楽しめる観光スポットでした。札幌中心部から1時間で行けて、観光もそれほど長い時間かからずに楽しめたんで、子連れ家族にはすべてがちょうど良いスポットです。

是非晴れた日に行ってみてください。

旅館もあって日帰り温泉なんかも楽しめるようなのでゆっくりしに行くのもいいですね。



「子連れで行く支笏湖の楽しみ方」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です